公開履歴
パソコンを使う女性

検索エンジン大手Googleのアルゴリズムは、ペンギンアップデートなどを経てアルゴリズムの更新を繰り返し行ってきましたが、検索順位の上位表示を目的に取られる各種のSEO対策の中でも被リンク(バックリンク)は相変わらず重要なのは明らかです。
Googleをはじめとした検索エンジンではユーザー視線にたっての有益な情報を提供するコンテンツを高く評価することを、ガイドラインで明記しています。
検索エンジンでキーワードについてあるページにたどり着いて、検索の動機になった問題について解決に繋がる情報や共感を得ることが出来れば、リンクを貼るなどしてコンテンツを広く伝える行為に出ることを期待できるはずです。
バックリンクにより被リンクを獲得したということは、ユーザーに共感やメリットをもたらしたことを意味していると考えることが出来ます。
その結果、検索エンジンのクローラーもバックリンクを多く得ているページをインデックスしても高い評価受けて検索順位上位も見込めることなります。
そのためバックリンクで被リンクの数を獲得することが、SEO対策において王道と考えられてきたわけです。

ところでWEBサイト運営を開始するにあたり、ドメイン購入することになりますが、この時に新規ドメインを購入するか、中古ドメインを購入するのかと言う問題に直面することになるのです。
新規ドメインを購入できるのに、あえて中古ドメインを導入して運用を図ると言うのには効果的なSEO対策を実践することが可能な点を指摘することが出来ます。

中古ドメインとは契約期限切れで管理者のいなくなったドメインのことを指しています。
中古ドメインには一定のSEO効果があると言われています。
現在はサイト運営は行っていないものの、過去の一定期間にコンテンツ更新等の運用された履歴を持っているので、被リンクなどは運用開始当初から一定程度残っていることが多い訳です。
中古ドメインでWEBサイト運営を開始すると、コンテンツの内容を行うと過去の運用履歴を持っているので、検索エンジンのクローラーに迅速にインデックスしてもらえる可能性が高くなります。
インデックスされて、コンテンツ内容が高く評価されれば、被リンク数の保有数などの要素とあいまって検索順位の上位も期待できます。
それに引き換え新規ドメインでWEBサイト運営を開始しても、当初は被リンク数は0から開始しなければならず、クローラーにもインデックスされがたいのでSEO効果を見込めないわけです。

記事一覧

中古ドメインにはサイト開設以来の更新履歴があるので、新規ドメインでは比較にならないほどの被リンク数を...

中古ドメインを購入するときに、注意するべきなのは当たり外れの差が大きいということにあります。被リンク...

ブログやWEBサイト運営をある程度の期間、継続しているとコンテンツの数が増加するので被リンクなども増...

SEO対策を行って検索順位の上位表示を狙うなら、コンテンツのクオリティを高めて被リンクの数を多く獲得...

WEBサイトやブログでコンテンツの更新を継続していると、参照する検索ユーザーが増えるのでバックリンク...

色々なSNSアプリ

Googleのアルゴリズムの更新にもかかわらず、バックリンク(被リンク)によるSEO対策の重要性は依...

スマホを見ている男性

WEBサイトやブログの検索順位の上位表示を追及するときに、常に問題にされてきたのがSEO対策と呼ばれ...

パソコンとコーヒーのカップr

中古ドメインには一定のSEO効果を持っているといわれていますが、実際のところは度の程度のパフォーマン...

パソコンを使用している男性

ドメインとはインターネット空間における住所に相当するもので、大別すると新規と中古のドメインがあります...