• ホーム
  • バックリンクSEO対策について

バックリンクSEO対策について

色々なSNSアプリ

Googleのアルゴリズムの更新にもかかわらず、バックリンク(被リンク)によるSEO対策の重要性は依然として高いウエイトを占めているのは確かです。
しかし検索エンジンのアルゴリズムの更新に伴って、被リンクの数だけでなくクオリティも重要視されるようになっています。つまりGoogleといった検索エンジンでは数だけでなく、良し悪しを判断して検索結果に反映させているのです。良質なコンテンツで検索ユーザーにとってのメリットが大きく、ユーザーの自発的意思によって、リンクが貼られるようなサイトについては、バックリンクも高評価を得ることが叶います。

これに引き換え、大量に作為的にリンク同士の関連性も低く、クローラーに感知されることだけを目的に作成されたような、サイトへのリンクに対してはスパムと判定したり、ガイドライン違反を認定されて手動ペナルティの対象になる可能性すら否定できなくなります。また自サイトのタイトルキーワードと関連性の薄いページへのリンクも、品質の低いバックリンクと評価されて検索結果も下位に沈むことが憂慮されることころです。

それではSEO対策に繋がる、バックリンクとは具体的にどのような内容を想定すればいいのでしょうか。理想的なのはあなたのWEBサイトやブログのページを訪問したユーザーから、”参考になりました”などの理由で紹介記事を書いてもらってリンクを貼ることです。ユーザーのニーズにあった良質なコンテンツを提供していると検索エンジンも判断することが適い、高い評価に繋がる可能性があります。その結果検索エンジンからのインデックスする機会も増えるので、検索上位も狙えるはずです。

またコンテンツの内容の専門性や信頼性を高めて、関連性の高い外部サイトから、被リンクを獲得するのも同様に理想的です。被リンクを自己目的にしたリンクを張るような外部サイトは逆効果です。しかし自サイトとの関連性が高くバックリンクで、相互のコンテンツの価値を相乗的にアップさせるような条件になればシナジー効果も高まり、よりユーザーのニーズに適合したコンテンツを提供することを可能にします。ユーザーからの共感や評価も高まり、検索エンジンでインデックスされても高い評価の獲得を期待できます。
ところでSNSとの被リンク効果は直接的にはありません。ただしSNSに直接的なSEO効果は無くても、集客には活用できるのでSNSにもURLを忘れずに入力する必要があります。

関連記事