• ホーム
  • 中古ドメインはSEOに効果がないのか?

中古ドメインはSEOに効果がないのか?

中古ドメインにはサイト開設以来の更新履歴があるので、新規ドメインでは比較にならないほどの被リンク数を保有していたり、検索エンジンにインデックスされるスパンが短くて済むなどのSEO対策で有益な側面があります。
反面アフィリエイターのなかには、中古ドメインにはSEO効果を期待することは出来ないと、主張する方もいらっしゃいます。検索結果上位表示を狙うための、SEO効果の獲得の観点からは中古ドメインを利用することの効果は見込めるのでしょうか。

中古ドメインでは過去のサイト運営などの履歴があるため、相応の被リンク数やインデックスされやすい傾向はありますが、他方でガイドライン違反を犯し、ペナルティを適用されているリスクがあります。Googleをはじめ大手検索エンジンでは、ユーザーにとっての価値あるコンテンツを確保するとの趣旨で、ガイドラインが設けられているのが一般的です。

かつてはSEO対策のために、被リンク獲得を目的にした大量のリンク設置や、キーワードをも盛り込んだ不自然な文章がツールを駆使して自動作成されるなどのワードサラダなどの、ブラックハットが横行していた時期があります。アルゴリズムの更新に伴って、スパムリンク設置やワードサラダなどは、ガイドライン違反の対象になり、ペナルティのリスクが高くなっています。ドメインエイジの長いサイトであれば、高いドメインパワーをもっていても、ペナルティを適用されている可能性は否定できません。

ペナルティが解除されない限り、いくら良質なコンテンツ更新に努めたとしても、検索結果の上位表示はおろか、検索順位から事実上排除されている可能性があります。手動ペナルティであれば、ガイドラインに依拠して、コンテンツを修正することで解除のリクエストをすることは可能です。しかしアルゴリズムに基づくペナルティの場合は、過去の記事に遡って原因の特定に努めなければならないので、解除は困難を極めることになります。このあたりが一部のアフィリエイターから中古止め因果敬遠される理由です。

検索結果の上位表示効果を追求する観点からは、ペナルティのリスクが否定できない中古ドメインには、リスクをはらんでいると判断される可能性はあります。

また中古ドメインに問題はなくても、その後のコンテンツ内容の価値が低いときもSEO効果を見込めないでしょう。更新されるコンテンツが良質と評価されないかぎり、上位表示は困難になります。
中古ドメインのSEO効果を引き出すには、ペナルティのリスクの低いものは排除して、新規のコンテンツはユーザーにとっての価値の高い良質な内容にすることを心がけるのが鉄則です。

関連記事